ビジョン・活動目的

〜愛言葉は、「ウキウキハッピー」〜
みなさんに牛久をもっと知ってもらえるために。
そして、私たちがもっともっと牛久を好きになるために。
ちゃんみよTVは今日もいつもと同じ場所で
元気に放送しています。

私たちのビジョン・目的  理事長挨拶

私たちのビジョン

私たちは、地元愛の醸造暮らしやすい街づくりに貢献します

 

どうして、このビジョンにしたのか?

私たちは地域での活動の中で、「3みよの法則」を発見しました。

3miyo
【STEP:1 知ってみよう!】
牛久に興味ない、無関心の状態。
まずは、牛久について「知ってみよう!」。

【STEP:2 行ってみよう!】
牛久について知ったら、だんだんと興味が湧いてきた。
では、牛久のいろんな場所にもっと「行ってみよう!」。

【STEP:3 聞いてみよう!】
牛久に関心をもつと、だんだん牛久が好きになってきました。
大好きまでもう一歩!牛久についてみんなに「聞いてみよう!

【ちゃんとみよう!】
牛久を知れば知るほど、牛久が大好きになりました!
もっと、じっくり牛久の街を「見つめてみよう!

【私たちと一緒に「やってみよう!」】
好きになったら、もっとよくなってもらいたい!
もっときれいな街にしたい!もっと元気な街にしたい!etc
地域にちょっといいことを、みんなでちょっとずつやったら
街はもっとずっとよくなる!
私たちはそう信じています。

 

私たちの目的

NPO法人ちゃんみよTVでは、広く一般市民に対して、市民が地域の魅力を再認識できるような情報発信を行い、
その魅力を市民同士で共有できる場の確立を図ることで、地域への愛着形成に寄与することを目的として活動しています。

 

私たちの役割

みんながもっと牛久に興味を持って、好きになってもらうために、私たちの役割として4つの事業を行なっています。

メディア事業(⇒ちゃんみよTV YouTubeチャンネル
地域交流イベント事業
③その他の事業

 

理事長挨拶

牛久って、住んでいるだけで全然知らなかった。いえ、知ろうとしていませんでした。
地元がダサいってずっと思っていて、
育ててくれた地元を大切にしていなかったから。

けれど、2011年3月の東日本大震災で帰宅難民となり、
心細い気持ちのまま帰路に着いた私を
「おかえりなさい!」と迎えてくれたのは。
家族、そして地元の方々のあたたかい笑顔でした。

いつでも安心して帰ってこられる地元があること。
その素晴らしさを震災を経験して初めて気付いた私は、
これからは自分を育ててくれた牛久のことをもっと大切にしよう、
自らすすんで地元のことを知っていこう、
そう心に決めたのです。

便利になったけれど、情報が溢れ過ぎてある意味不便になった
この時勢。
だからこそ、何の肩書きもないただの一市民である私が
できる限りの<リアル>を発信して行くことで、
誰か一人でも地元に興味をもってもらえれば。
そんな思いで、2012年5月、ちゃんみよTVを始めました。

みなさんに牛久をもっと知ってもらえるために。
そして、私がもっともっと牛久を好きになるために。
ちゃんみよTVは今日もいつもと同じ場所で元気に放送しています。

「おかえりなさい!」

NPO法人ちゃんみよTV 理事長 綾部みよ(ちゃんみよ)

受賞

2013年 「いばらきドリームプラン・プレゼンテーション」7名に選ばれる
2016年2月 「いばらき若者 ミッション」企画提案チャレンジ支援事業の最優秀賞を受賞
2017年3月 つちうら人間力大賞2017 準グランプリ受賞

プレス(メディア)

2013年 茨城新聞に掲載される。
2013年 常陽リビング(12月14日号)に活動が掲載される
2013年 いばキラTV「ちゃんみよMAX」出演
2014年 BS日テレ「けんいち」茨城代表で出演
2015年4月 NHKテレビ「おはよう日本」で取材される
2015年12月 茨女(いばじょ)「茨女のいま。」で紹介される
2015年12月 フジTV 「世界のなんだコレミステリー」で取材される
2018年11月 J:COM 「いばらき人図鑑」に出演
2019年1月 茨城県「いばらき移住定住ポータルサイト Re:BARAKI」で紹介される
2019年4月 全労済「わたしのふるさと」で紹介される

 

スポンサー様 募集中!

私たちの活動に共感して、支援してくださる方を募集中です。
スポンサー様には素敵な特典もご用意しています!