ラーメンマン リンガーハット


今回はちょっと変化球的なチョイスで「リンガーハット」です!
最近はプロ転向を果たした体操の内村航平選手との契約でも話題になりましたよね。

さて,リンガーハットの看板メニューである「ちゃんぽん」は,ご存じと思いますが長崎の名物料理で,太い麺と,豚肉・魚介類とたっぷり野菜の具材の多さが特徴です。

ちゃんぽんの語源はいろいろとあり,中国の福建語で簡単な食事を意味する「喰飯(シャンポン)」という言葉から生まれたというものや,鉦(かね)の音を表す「ちゃん」・鼓の音を表す「ぽん」と違うものがまざったことを表現する言葉として生まれたというものなど,諸説あるようです。

また,料理法の面ではスープと魚介類,野菜,麺を一緒に煮込むという特徴もあり,正確に言うとあくまで「ちゃんぽん」は「ちゃんぽん」であって,ラーメンとは別モノかもしれませんが,そのあたりは気にせずレポートさせていただきます!!

ということで,前置きが長くなりましたが,リンガーハットの場所はコチラ。
〒300-1232 茨城県牛久市 上柏田3丁目45−1
TEL:029-830-7107
牛久警察署から「ふれあい通り」(あまり使われてない呼び名かも?)を南に向かって,上柏田町になります。

そして,今回注文したのはこの一杯。そのまんまですが「長崎ちゃんぽん」です。
注文して待つ間に,チェーン店ならではのシステム化されたキッチンでの調理器具や調理の様子を眺めるのも楽しいですよ。

麺は2倍まで無料で増量可能ですので,ラーメンマンは当然2倍のコールです。
具材はキャベツ,タマネギ,ニンジン,キクラゲ,枝豆,コーン,豚肉,エビ,かまぼこ,さつま揚げなどたくさんの種類が入っております。
スープの味わいは豚骨ベースに鶏ガラのブレンドのようですね。

麺はこんな感じの太麺です。
リンガーハットでは,具材の野菜は国産にこだわっておりますが,麺も100%国産小麦粉を使用しているとのこと。

久々の長崎ちゃんぽんを美味しく頂くことができました。

そんなリンガーハットですが,実は牛久市の店舗は茨城県でも特別な存在なんですよ。
県内には12店ありますが,そのうち,イオンをはじめとするショッピングセンターのフードコートなどではなく,独立型の店舗は唯一「牛久店だけ!」なのです。
なのでドライブスルーも付いていたりしたのですが,な,なんと,いつの間にか撤去されたようです。
路面標示の通り進んでも本当のスルーになってしまいます・・・。でも安心してください,通常のテイクアウトは可能ですので店内でご注文ください。

安定した味わいが楽しめ,また,お子様連れでも安心して入れるお店です。これからの季節は「冷やしちゃんぽん」も始まるようなので,皆さんもぜひ行ってみてくださいね!!